ホマレノブログBlog

福田様邸 現場レポート  基礎工事編

2014.10.16 / 現場レポート 福田邸

福田様邸ブログ[基礎工事編]をアップします小川です。

最初に基礎工事の全体の作業風景・流れを特集します。

まず重機を搬入し基礎の形となる『掘方』から作業を始めます。

 

P1050256

重機で基礎の基本となる輪郭を掘っていきます。

P1050257

掘方が終わると砕石を敷詰めその上に地中からの湿気を防止するために防水シートを敷き

外側の型枠を施工し配筋(鉄筋)工事を行います。

 

P1050313

配筋工事の途中でNCN(SE構法)に提出するための写真を撮ります。

SE構法は躯体構造だけではなく基礎部分も構造計算がされているので

設計図書通りに施工がされているか厳しい検査があります。

P1050327

P1050329

配筋工事が終わり瑕疵保険の検査が完了後に内周型枠の施工を行います。

誉建設では一体打ち(基礎部分の継ぎ目を作らない施工方法)を標準施工で行っております。

一体打ちは継ぎ目を作らないことで止水効果・基礎強度アップ等の利点があります。

他者の工務店・ハウスメーカーでは施工できる業者さんが少ないため一体打ちは取り入れていない場合が多いです。

P1050366

基礎段階で水道配管も施工します。(北側部分の写真)

P1050361

土台を連結するためのアンカーボルトや柱脚金物(SE構法専用金物)の施工を行います。

P1050380

いよいよコンクリート打設!

基礎業者(高橋組)さんがコンクリートを型枠の中に流していきます。

P1050388

ポンプ車でコンクリートを圧送し全ての型枠・内部土間に隙間なくコンクリートを打設します。

P1050383

7日間のコンクリート養生期間を置き全ての型枠を取り外すとコンクリートの塊が!

いつもながら高橋組さんの仕事の出来栄えには本当に感謝しております。

気泡もなく完璧な基礎が仕上がりました。

P1050435

最後に玄関部分の土間増し打ち工事を行い基礎工事完了になります。

P1050458

次回は建て方編を特集したいと思っております。

これからも安全・完璧施工で工事を進めていきます。

よろしくお願いします。


イエづくり相談会 イエづくり相談会 オンライン開催も受付中
ホマレノリフォーム ホマレノリフォーム